NEW タカラベルモント 第47回 九州デンタルショー2024 出展のお知らせ

インプラントの撤去
リスク診断から再埋入まで いいね!0

定価:¥10,000-
監修:
細川隆司
著者:
正木千尋
出版社:
デンタルダイヤモンド社
出版日:
2023年4月
サイズ:
A4判
ページ数:
112/カラーページ

概要

インプラント治療は欠損補綴の選択肢として一般にも浸透し、定期的なメインテナンスを怠らなければ、機能と審美を長期間維持できる可能性が高くなっています。
しかし、長期にわたるメインテナンス時においては、加齢とともに口腔の組織変化や機能低下などによって、インプラント周囲炎に罹患したり、インプラント体、アバットメントやスクリューの破折などのリスクが高まります。そして、当然ながらインプラント体を撤去(除去)して再治療の可能性を考えることになります。
本書では、インプラント体、アバットメントやスクリューの撤去が必要になるトラブルとその判断基準、撤去に必要な器具・器材と具体的な撤去方法や術式を詳細に示しています。
また、インプラント体の再埋入の考え方や術式選択のポイントからメインテナンスまで、多くの症例を呈示しながら、わかりやすく解説しています。
本書はインプラント治療におけるトラブル対応のバイブルとして必携の書です。

<CONTENTS>
Chapter1 インプラント治療のトラブルとインプラント体撤去の判断基準
  01 インプラント治療のトラブル
  02 インプラント体の撤去が必要となるトラブルと判断基準
  03 要介護高齢者におけるインプラント体の撤去の判断基準

Chapter2 インプラント体撤去の器材と方法
  01 インプラント体撤去の各種術式
  02 アバットメントスクリューの撤去

Chapter3 インプラント体の再埋入とメインテナンス
  01 インプラント体の再埋入
  02 メインテナンス

Chapter4 インプラント体の撤去症例集
  01 Early Failureの症例
  02 埋入位置が不良の症例
  03 インプラント周囲炎の症例
  04 Overloadが疑われる症例
  05 インプラント体およびスクリュー破折がある症例
  06 インプラント体の破折症例<1>
  07 インプラント体の破折症例<2>
  08 インプラント体の破折症例<3>

Chapter5 インプラント体撤去ツール使用時のポイント
  01 インプラント体撤去のポイント

各種資料ダウンロード


同じジャンルの書籍

もっと見る
前へ
次へ