NEW 第47回 九州デンタルショー2024 クルツァージャパンブースのご案内

矯正実習 2日間コース

ストレートワイヤーエッジワイズシステム

開催日: 2024年6月5日 〜2024年6月6日
対象:歯科医師 、歯科衛生士 、歯科助手 、歯科技工士
エリア:東京都
開催日時 2024年6月5日(水)
10:00~17:30
     6月6日(木)
 9:30~17:00
会場 (株)松風 東京支社 B1ホール
〒113-0034 東京都文京区湯島 3-16-2
参加費 歯科クラブデンティストサークル会員:93,500円 (税込)
※実習材料・昼食含む
一般:99,000円 (税込)
※実習材料・昼食含む
定員 30
主催者 松風
概要 ストレートワイヤーエッジワイズシステムを良好に機能させるには、ブラケットを個々の歯冠の理想的な場所に位置づけることが必要不可欠となります。
歯冠の情報が組み込まれたブラケットを使用しているにもかかわらず、ワイヤーベンディングに多くを頼って配列するという手法は臨床効率の低下に繋がります。
適切な矯正診断のもと、自身のポジショニングに確信を持つことが出来れば自ずと治療の質も変わります。
今回の2日間コースでは、ストレートワイヤーエッジワイズブラケットの活かし方に焦点を当て、いくつかの実習を行いブラケットポジショニングのポイントを身につけていただくよう構成いたしました。
また、ストレートワイヤーエッジワイズシステムを用いた多くの症例を供覧します。
治療のステップバイステップにおける解説を聞いていただきながら擬似的臨床経験値を高め、診断のポイントと治療の各ステージで押さえておくべきメカニクスのポイントを体得していただきたいと思います。
本システムの特性の理解を深め、明日からの臨床に活かしていただけたら幸いです。

【第一日目】
●ストレートワイヤーエッジワイズシステムの成り立ち
●不正咬合それぞれのパターンにおける臨床例
●ブラケットプレースメントの重要性
●オリジナルシートと模型によるブラケットポジショニング実習
【第二日目】
●矯正診断の重要性
●不正咬合模型を用いたブラケットポジショニング実習
●治療の各ステージにおけるチェアーサイドでのチェック事項
●本システムを導入する臨床上のメリット
講師 〇渡辺 和也 先生
1986年 東京歯科大学卒業
1991年 東京歯科大学大学院修了
1998年 東京歯科大学非常勤講師(歯科矯正学)

2000年 米国アングル学会正会員
2011年 慶應義塾大学非常勤講師
      (歯科・口腔外科学)

〇下島 隆志 先生
2006年 東京歯科大学卒業
2011年 東京歯科大学大学院修了
      「渡辺矯正歯科」勤務
2023年 東京歯科大学非常勤講師
      (歯科矯正学)
お申込方法 PDF上のQRコード、もしくは下記URLよりアクセスしていただき、「SHOFU seminar サイト」よりお申込みください。

【お問合せ先】
株式会社 松風 矯正課
松風矯正セミナー係
TEL:03-3832-1824

この主催者が開催しているその他のセミナー

根分岐部病変に対する治療の現在

根分岐部病変に対する治療の現在

松風

同じ分類のセミナー

前へ
次へ